環境保全事業

ブナちゃん奮闘記 その7 下草刈り

2007 年 7 月 29 日

東京けやきライオンズクラブ結成10周年の記念事業としてスタートしたブナの植林事業(群馬県玉原高原)。
毎年数センチしか伸びない苗木を覆う熊笹を刈るため、年2回の下草刈りを実施。(ここ1〜2年は年1回でも耐えられる程にブナも成長)


山の神に充実した活動と安全を祈願

お子様たちも参加


長期計画事業としてスタートした時に
建てたけやきLCの記念碑

ブナちゃん奮闘記 その6 下草刈り

2006 年 8 月 3 日

ブナちゃん奮闘記 その5

2005 年 10 月 22 日

玉原高原 ブナ植林、下草刈り
天候が心配される中、群馬県玉原高原にて下草刈りを実施。

 


作業風景

今回の参加メンバー

 


完全装備、まわりは全て熊笹

定点観測用の杭を頼りに成長を記録

ブナちゃん奮闘記 その4

2005 年 5 月 21 日

玉原高原 ブナ植林、下草刈り

快晴のもと、群馬県玉原高原に10周年記念の継続事業としてブナの下草刈り、植林を実施。今年は豪雪の為、前年に植林用として山から掘り起こして準備をしておいた苗木も雪で覆われ、取り出しに一苦労。しかし、元気な苗木約30本を新たに植林することができました。


御神木に安全祈願 後藤会長

終了後


赤いリボンがブナの目印

雪の下に植林用ブナの苗木が埋まっていた


下草刈り

雪を掘り起こす

ブナちゃん奮闘記 その3

2004 年 11 月 12 日

下草刈りも今回で3回目となりました。山は紅葉の中、季節の移り変わりに驚きながら参加者14名の意気は軒昴いざ行かんの精神です。過去2回の反省点は、1.作業時間が少ない事 2.食事を他の場所にて取る為に移動の時間がかかる事 3.専門家がいないため苗木の名前が判らないのが多くある事、その他作業を行うに当たって質問したい事があっても聞く事ができない等がありました。

これらの問題を解決する為に下記の方法を用意しました。

  1. 草刈り機を2台用意しました。
  2. 現地にて食事を作る事にし、折り畳み式のリヤカーを用意し食材・燃料・水等を運ぶ事に決めました。
  3. 指導員として尾瀬保護財団の鶴淵氏にご参加を頂き、指導を仰ぐ事にしました。


メンバーが25分かけてリヤカーを引いているところです。(笑っているように見えますが、あごが上がりヘトヘトの状態です)

作業に入るまえに朝日のロッジ前で鶴淵氏(腰に山刀を差し込んでいる人)の説明を聞いているところです。


草刈り機による作業に様子。

紅葉の中、下草刈りに励むメンバーです。


鶴淵氏(中央)よりの実践の仕方等、メンバーが指導を受けているところです。

今回は野外の昼食ということで、雨が心配でしたが幸いにも天気に恵まれ炊事担当をしてくれたメンバーによるバーベキューは非常においしかった。持参した材料は全部きれいに平らげ満足・満足、腹一杯。帰途は日帰り温泉にて汗をながし、今回の下草刈りを終えました。

緑の森を守ろうと、次の活動を行っております。

2004 年 5 月 13 日

ブナちゃんのムービーをご覧頂けます。

アクセスマップ

2004 年 3 月 13 日

玉原高原アクセスマップ

ブナの新緑の季節

2004 年 2 月 13 日

ブナの新緑の季節

玉原高原ブナの植林

2003 年 12 月 9 日

L. 山本 隆之

私共、東京けやきライオンスクラブも前期の5月21日に結成10周年を迎え、記念式典ではクラブメンバー全員で汗をかき、頑張り、ひと区切りをつける事ができました。お疲れさまでした。

本年度は、結成10周年を機として「模索の10年から試される10年へ」という大きな課題を背負っての重要なスタートとなりました。記念事業として始まった群馬県玉原高原のブナの苗木の植樹、アフターケアとしての年2〜3回の下草刈り作業、ボーイスカウトの皆さんを引率しての体験学習の場所提供等、一層の充実に向け汗を流して頑張って居ります。特に、昨今は汗を流すアクティビティが減少傾向にあり貴重な体験をさせて頂いております。一方、内面的な奉仕としては、早や5回目の開催が決定しております恒例のクリスマスチャリティコンサートです。知的障害者のお子さんとご両親、学校関係、地域老人会の方々をお招きし、陸上自衛隊第一音楽隊の多大な協力のもと、クリスマスにちなんだオーケストラの生演奏を聞く機会を提供させて頂き地域の皆さんと一体となったアクティビティーを体験し、共に見聞を広げる事も私共の努めと考えております。これも試される課題の重要な要素の一つです。今後共、陸上自衛隊第一音楽隊のご協力をお願いし継続していかなければなりません。「継続は力なり」です。

尚、本年度は会員数が27名という厳しい人数でのスタートですが、お蔭様で現在は少数精鋭主義のもと全員で頑張っています。会員増強を目的第一に活動して行く事は言うまでもありません。ライオンズクラブは「人」によって構成され、「人」によって運営され、「人」によって活動が展開されます。まさに「人」はライオンズクラブ最大の財産です。永遠の課題として皆様を汗をかく所存ですので財産の目減りを防ごうではありませんか!
メンバーの皆様の奮起をご期待申し上げます。

L. 高麗 伸三

結成10周年を迎えるにあたり、記念事業として労力面と金銭面を兼ねた奉仕活動として玉原高原でのブナの植林事業に決定しました。

朝日新聞社100周年の一環として『自然の森環境』を守ることを主眼に設立された(財)森林文化協会のご協力で玉原高原にある貴重なブナの森へ現地視察をしました。100年単位の歳月をかけて成長したブナの大木の森は静寂な中にも緑の影をつくり腐葉土に蓄えられた水は枯れることはありません。この気の遠くなるようなブナの植林事業に挑戦することにしました。

国有地でなだらかな斜面の整地を業者に依頼し、ここに昨年6月、我々メンバーの手で第1期分を植林しました。この後10年間は年2回の下草刈りが必要であるが、子供にも出来るので自然に親しむ青少年育成をも視野に入れています。もちろんホームページによって一般の方の応募も期待しています。

ブナちゃん奮闘記 その2

2002 年 10 月 22 日

今年2回目の下草刈りの様子です。
参加総人数15名
(下草刈りチーム 10名、食事チーム5名)